樹花鳥獣図屏風を3Dにしよう

ワークショップ 実技講座  樹花鳥獣図屏風を3Dにしよう

「めがねと旅する美術展」にちなんで、メガネやカメラに相当する装置を使った作品作りをします。装置を覗きながら、静岡県立美術館所蔵の伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》のミニチュアを作り、ジオラマとして再現します。ミニチュア作りには、フィギュア作りに使用するレジンを材料にしますが、できるだけ簡単にできるように、原型を用意します。カメラと立体を使った模写のようなジオラマ作りを通して、物を見ることや、若冲の作品の理解を深めましょう。

開催日 2018年12月08日(土) ~ 2018年12月09日(日)
時間 10:00~16:00
場所 静岡県立美術館・実技室
対象 中学生、高校生、一般
定員 10名程度
材料費 2,500円程度
持ち物 昼食・汚れても良い服装でご参加ください。
申込み方法 申込み用紙にご記入の上、次のいずれかの方法でお申込みください。
●実技室前のポストに入れる ●FAXする ●郵送する
●HPから申込む
申込み締切 2018年12月1日(土)
※定員に達し次第募集を締切りとし、お申込みをお受け出来ない場合に限りご連絡いたします。

※2日間連続講座です

※12:00~13:00昼休

講師

山田純嗣(美術作家)

1974年 長野県生まれ
1999年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了
名古屋市在住
2012年 「ポジション2012」名古屋市美術館
2013年 「アイチのチカラ!」愛知県美術館
2014年 個展 一宮市立三岸節子記念美術館
2016年 「PATinKyoto 2016」京都市美術館
2017年 「鉄道絵画発→ピカソ行き コレクションのドア、ひらきます」東京ステーションギャラリー
2017年 個展 不忍画廊(東京)
2018年 個展 日本橋髙島屋美術画廊X(東京)

このページについてのお問い合わせ

静岡県立美術館
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る